深夜のりんご騒ぎ

深夜のりんご騒ぎ

コピーライターやってるアラサーの女です。何でもありな雑記ブログです。

【いつもの餃子に飽きたら】餃子の皮を大根に変えてみたら、めっちゃ美味しかった話。ーアメトーク大根芸人ー

アメトークの日曜版はイマイチだと思ってる、りんご🍏 (@ringo_sawagi) です。

 

やっぱおもしろいのは、木曜深夜ですよね。

 

アメトークで紹介されてた、大根餃子つくってみた。

「大根ありがとう芸人」で、大根をつかったレシピが紹介されてました。

その中でもひときわ気になったのが、この大根餃子!

しかも、紹介者はグルメ通で名高い渡部さん。これは美味しいに間違いない。

 

それにしても家に帰ったら佐々木希がいるって・・・それどんな天国。

 

大根餃子の作り方

作り方って言っても、餃子の皮を大根に変えるだけなんだけどね。

 

①大根をスライスして、1枚1枚並べて塩を振って水気をとる。

この工程が、一番重要かも。

まず大根をスライスするのが、結構めんどくさい笑。なるべく薄くスライスできるようにがんばってください。

大根を一枚ずつ並べたら、塩を振って15分ほど放置。

※けっして重ねて並べないください。水気が取れなくなるよ。(体験談)

 

②大根を放置してる間に、餃子のタネを作る。

餃子のタネは、好きなもの入れてテキトーに作ってください(雑)

f:id:shinya-no-ringosawagi:20170716113916j:plain

 

③大根の水気をキッチンペーパーでとる。

ココも大事!

15分放置した大根を、キッチンペーパーでしっかり水分を拭き取ってください。

※ここで手抜きすると、ベチャベチャの仕上がりになるよ。(体験談)

 

④大根の皮に薄く片栗粉をつけて、餃子のタネを包んでいく。

片栗粉は大根の皮をくっつける用だから、あまりつけすぎないでOK。

あとは、通常の餃子と同じくせっせとタネを包んでいくだけ!

 

この作業って、無心になれてケッコー好きです。

 

ゴマ油を引いて、弱火で焼いていく。

強火だと大根の皮が焦げちゃうから、弱火~中火で。

肉に火が通るまで焼けば、完成!

f:id:shinya-no-ringosawagi:20170716113918j:plain

まとめ

f:id:shinya-no-ringosawagi:20170716113925j:plain

 

わたしはポン酢とあわせて食べたんだけど、サッパリしててすっごい美味しかった!

美味しいうえにヘルシーだし、おすすめです。

 

 

あと、出来ればひとりではなく 何人かで作ることをおすすめします。

 

ひとりで作ったわたしは、作業の多さに途中で心折れそうになりました。

 

 

 

 

おわり🍏